くらし情報『能年玲奈、あまちゃんから"尼~ず"に! クラゲオタク女子役で『海月姫』主演』

2014年4月17日 05:00

能年玲奈、あまちゃんから"尼~ず"に! クラゲオタク女子役で『海月姫』主演

能年玲奈、あまちゃんから"尼~ず"に! クラゲオタク女子役で『海月姫』主演
女優の能年玲奈が、漫画家・東村アキコの『海月姫』の実写映画で主演を務めることが16日、明らかになった。

原作は、講談社の漫画雑誌『Kiss』で2008年から連載されている作品で、累計発行部数は270万部(1~13巻)を突破。第34回講談社漫画賞少女部門や「このマンガがすごい! 2011」オンナ編第3位を受賞し、2010年にはフジテレビのアニメ放送枠「ノイタミナ」でテレビアニメ化されるなど、人気を誇っている。

能年が演じるのは、クラゲをこよなく愛する主人公・倉下月海(くらした つきみ)。自らを"尼~ず"と称して「男を必要としない人生」を掲げる"オタク女子"たちと共に男子禁制の共同アパート・天水館で生活する中、ある日現れた1人の美しい女装男子によって、月海に変化が見えはじめる。シンデレラストーリーとオタクカルチャーを融合させた本作は、5月から撮影をスタートし、今年12月の公開を予定している。

月海は、イラストレーターを目指して上京したものの、自信のなさからおしゃれな人や男性の前ではおどおどしてしまう引っ込み思案。昨年はNHK連続テレビ小説あまちゃん』で一躍時の人となった能年だが、8月16日公開の映画『ホットロード』では不良少女役にも挑戦。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.