くらし情報『ホリプロ・堀義貴社長が赤字覚悟で行う「人生最大の博打」とは』

2017年6月1日 11:00

ホリプロ・堀義貴社長が赤字覚悟で行う「人生最大の博打」とは

と話したのを覚えています。

ホリプロという会社が乗り越えるべきハードル
○生きているうちにこれ以上の博打はない

――先日行われた制作発表で、堀社長は「一度はあきらめかけた」とおっしゃっていましたが。

何度かやりとりをして「うちでやれるかもしれない」というところまで行ったんですが、その時には日本からもたくさん「やらせてくれ」という話はあったそうで、一度は諦める状況になりました。こちらも「よかったんだよ、こんな作品、できないんだから」と慰め合っていたのですが、しばらくしたらまた「ホリプロにもチャンスがある」と話が復活しました。やらせてもらうしかないでしょう。

最終的にうちになりそうだという状況の中、蜷川(幸雄)さんの舞台でロンドンに行った時に相手方の本社まで行ったら、プロデューサーのエリック・フェルナーがわざわざハリウッドから戻ってきてくれて挨拶ができました。その直後に、契約が決まったんです。

――ホリプロさんへの決め手として、何が良かったのだと思いますか。

情熱でしょうか。まだオープンする前から言っていましたからね。普段は私も社長業を行っているわけですし、本当にたまたま目に入ってきて、もう偶然でしかありえないです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.