くらし情報『中田敦彦×カヤック・みよし「ゲームは悪ではない」 - "人生の一芸論"対談』

2017年6月1日 17:30

中田敦彦×カヤック・みよし「ゲームは悪ではない」 - "人生の一芸論"対談

中田:なるほど。いやあ、めちゃくちゃ面白い! 人間って、色々な能力ってあると思うんです。今まで何に費やしてきたかで、その人の能力パラメーターは、変わってくると思うんですけど、ゲームの価値が低く見積もられてしまうと、高い能力パラメーターを持った人を取りこぼしてしまいますよね。それを全部、取りこぼさずにキャッチしようという仕組み作りがあまりにも素晴らしい。

プラチナトロフィーがありますとか、履歴書が書きづらかったとか、従来の面接の正攻法にゲームを持ち込んだらうまくそうなった。加えて、ゲームの新作PRや、会社のPRにもなっているという…非の打ち所がないですね。

みよし:ありがとうございます。もう、このひと言で、今日もう終わりでいいんじゃないかと思うぐらい、完璧にまとめてくださいましたね(笑)。

○トラブルの中にこそチャンスがある

中田:実はまだ語りたいことがあるんです。最近、人と組んで仕事をする規模が、大きくなってきました。元々は相方採用、藤森(慎吾)君を選んだわけですが、去年あたりから音楽のことも始め、新規ビジネスとしてダンサーのメンバーや、スタイリスト、デザイナーなどを採用することになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.