くらし情報『北原里英、ピエール瀧&リリー"凶悪コンビ"が誘拐・監禁! 白石監督作で主演』

2017年9月21日 05:00

北原里英、ピエール瀧&リリー"凶悪コンビ"が誘拐・監禁! 白石監督作で主演

北原里英、ピエール瀧&リリー"凶悪コンビ"が誘拐・監禁! 白石監督作で主演

NGT48を来春目処に卒業する北原里英(26)が、『凶悪』(13)や『日本で一番悪い奴ら』(16)などで知られる白石和彌監督の映画『サニー/32』(2018年2月公開)で主演を務めることが21日、明らかになった。撮影は今年2月2日から19日まで、NGT48の本拠地でもある新潟県内で行われた。

共演陣には、『凶悪』で極悪非道の人物を演じたピエール瀧リリー・フランキーのほか、門脇麦音尾琢真駿河太郎といった実績十分の役者たちが名を連ねる。北原が演じるのは、仕事も私生活も冴えない毎日を送る中学校教師・藤井赤理。24歳の誕生日、ネット上で「犯罪史上、もっともかわいい殺人犯」として神格化された少女"サニー"の狂信的信者である柏原(瀧)と小田(リリー)に誘拐・監禁され、2人に殴られ、縛られ、舐められるといったハードな役どころに体当たりで挑んだ。

高橋泉によるオリジナル脚本で、先読みできないスリリングなストーリーが展開する本作。卒業後は女優を目指すと宣言している北原は、「この映画をもって、新たな人生を歩み始められることをとても幸せに思います」と充実感をうかがわせ、「わたし自身が1 番楽しみにしているといっても過言ではありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.