くらし情報『広瀬アリス、撮影の空き時間に「胸のあたりを見られて…」 共演者が反省』

2017年11月3日 21:00

広瀬アリス、撮影の空き時間に「胸のあたりを見られて…」 共演者が反省

広瀬アリス、撮影の空き時間に「胸のあたりを見られて…」 共演者が反省

女優の広瀬アリスが3日、映画『氷菓』(11月3日公開)の公開初日舞台挨拶に、山崎賢人、岡山天音、小島藤子、天野菜月、本郷奏多、安里麻里監督とともに登場した。

同作は小説家・米澤穂信のデビュー作を実写化。シリーズ累計は205万部を突破し、コミックス、アニメなどのメディアミックス化も行われている。"省エネ主義"の高校一年生・折木奉太郎(山崎)が、姉の命令で入部した古典部で出会った美少女・千反田える(広瀬)と学園の謎を解き明かしていく。

嬉しかったこと・悲しかったことを聞かれた広瀬は、撮影中のエピソードを披露。「空き時間に天音くんが、『氷菓のアニメの、えるの水着って見たことある?』って言われたんですよ。『いや~、ないなあ』って言ったら、私のここらへんを見て、ふふって笑ったんですよ」と自身の胸のあたりを指す。

広瀬の発言に、岡山は「俺じゃないよ!」と焦りを見せる。安里監督も「それ見た気がする! 鼻で笑うみたいな」と証言すると、広瀬は「完全に私と目線があってたのに、ちょっと目線が下に行ってふふって笑って。悪かったなあ! と思って。灰色のエピソードだったと思います」と悲しげに語った。

岡山は「覚えてないよ、似た人じゃない?」と逃げようとするも、広瀬は「天音くんでした」ときっぱり。岡山は「気をつけるね……」と反省していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.