くらし情報『ディーン・フジオカが感じた、山田涼介の才能&共通点 『鋼の錬金術師』エド×マスタング大佐対談』

2017年12月7日 11:30

ディーン・フジオカが感じた、山田涼介の才能&共通点 『鋼の錬金術師』エド×マスタング大佐対談

しびれる撮影ではありました。

ディーン:どのへんがしびれたんですか?

山田:列車に十数時間で、木の椅子でトイレも行けないし、ごはんもパンとリンゴで(笑)。ぜいたくかもしれないですが、慣れていない分きつかったです。イタリアのクルーと日本のクルーで励ましあいながらすすめました。夜の10時まで明るいので、延々と撮影ができてしまうんですよね。イタリアでの難関を乗り越えてから、日本でのスタートだったので、空気感が出来上がった上で重要なパートに挑めたことは良かったと思いました。

――ディーンさんは日本での撮影のみの参加ということでしたが、作り込まれたセットの印象などはいかがでしたか?

ディーン:規模が大きくて、これから始まる撮影が、どういうものになるのかワクワクしました。僕はイタリアの話を断片的に聞いていました。パンが美味しくなかったとかも(笑)。

●国を越えて感じた山田涼介の才能
○荒川先生の頭の中を覗いてみたい

――原作でも、表面的にはときにぶつかりながらも、実は互いを理解し合っている二人だと思いますが、お二人はエドとマスタングの関係をどう捉えていましたか?
山田:この作品って、大人の中にポンと子供がいるじゃないですか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.