くらし情報『井浦新、撮影前に成田凌と10日間の同居生活「墓場まで持っていくことが」』

井浦新、撮影前に成田凌と10日間の同居生活「墓場まで持っていくことが」

2018年2月11日 11:00
 

関連リンク

・小松菜奈×門脇麦×成田凌、複雑三角関係の音楽ロードムービー
・長瀬智也、『空飛ぶタイヤ』で見せた『IWGP』からつながる“本質”
・足立梨花、W杯セネガル戦「とりあえず勝って」 ボイメン田村侑久は「半端ないって」連発
井浦新、撮影前に成田凌と10日間の同居生活「墓場まで持っていくことが」

3月17日公開の映画『ニワトリ★スター』の完成披露試写会舞台あいさつが10日、都内で行われ、井浦新成田凌紗羅マリー阿部亮平LiLiCo津田寛治、かなた狼監督が出席した。

かなた狼の監督デビュー作となる本作は、自身が執筆した同名小説を井浦新主演にして映画化。主演の井浦がくたびれた大麻の売人・草太役を、成田凌が全身タトゥーの赤髪モヒカン・楽人役を熱演しており、そんな傷だらけの男ふたりの純情を描く。

初めてお披露目されたこの日は、キャスト陣とかなた狼監督が登壇して舞台あいさつ。劇中でタッグを組んだ井浦と成田は、クランクインの10日前から同居生活も経験したそうで、成田が「(劇中で生活を送る)アパートの近くに2人で10日間借りて住んでいました。墓場まで持っていくことは言いません(笑)。いろんなことがありましたね」と明かし、井浦も「きれいなことじゃなく、お互いの汚物をきれいにし合ったりしました」と赤裸々に告白し、「プロデューサーから(成田との共同生活の)初日に渡された10万円で過ごして欲しいと言われ、数分後にみんなで酒でも酌み交わそうと思って酒を酌み交わした後に、キャバレーに行って瞬時に全部使いました」と会場を笑わせた。

本作で本格的な演技初挑戦となった紗羅マリーは、成田扮する楽人と深い縁を持つシングルマザー役を熱演している。「全くの未経験の私を使ってくださったことにびっくりしました」とオファー時は驚いたようだが、かなた狼監督の指示で撮影前に行った成田とのワークショップについて「自分が隠し持って親にも言えないこととか、汚い感情をすべて出せと監督から言われました。本当に墓場まで持っていかなければならないことを話しましたが、それがとても力になりましたね」と監督に感謝していた。

また、草太と楽人が住むアパートの管理人役で出演しているLiLiCoは「成田くんのファンには先に言っとくね。凌くんのスクリー童貞を私がいただきました。こんなおばさんだけど美味しかったわよ」と成田のファンに刺激する場面も。とはいえ、映画コメンテーター的な立場として「私は年間400本以上映画を観ていますが、こんなに泣いたことはありません。生きるということはどういうことなのか、思い出すだけでも泣いちゃうし、衝撃作で感動作だと思います」と本作を絶賛していた。映画『ニワトリ★スター』は、3月17日より全国順次公開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.