くらし情報『3代目「なぎさイメージガール」に早稲田大の水野瑛が選出』

3代目「なぎさイメージガール」に早稲田大の水野瑛が選出

2018年4月6日 17:00
 

関連リンク

・第一印象を決める「名刺入れ」 “デキる女”が選ぶ12アイテム
・DIR EN GREY、新曲に大物エンジニア起用 全世界マーケットを重視
・すてき~! センスが光る「お仕事小物」10選

「2018年なぎさイメージガール発表会見&三愛水着楽園ビーチリゾート水着ショー」が6日、都内で行われ、"渚を楽しみ、守り、保って行く"というテーマで年間を通して発信し活動する、3代目「なぎさイメージガール」に選ばれた水野瑛がお披露目された。

水野 瑛(みずの あきら)1995年4月15日生まれの22歳。神奈川県出身。身長172cm スリーサイズはB82・W60・H86。趣味はジム通い、料理。特技は英語(早稲田大学国際教養学部に在学中)

同イメージガールに選ばれた感想を聞かれた水野は「決まったと聞いたときは信じられない気持ちでいっぱいだったんですけど、私自身、出身は神奈川県の湘南のほうでして、幼い頃から海がなじみ深いものとして育ってきたので、とても大好きな海に携われるお仕事を任せていただけるのは、すごく嬉しく思いました」と声を弾ませ、「地元とはいえ、幼時がないとなかなか海に行かないので、これを機にいろいろな海に訪れられたらいいなと思います」と語った。

また、昨年1年間、アメリカのカルフォルニアに留学し、英語力に自信があるという水野は、行ってみたい南の島を尋ねられると「『マリンダイビング』という雑誌を見させていただいたんですけど、その中にニューカレドニアという島が紹介されていて、そこが世界遺産に登録されて10周年ということで、自然のサンゴが綺麗に残されていて、すごく美しい島だなと思いました」と目を輝かせた。

3年前に大学のファッションショーでスカウトされたことがキッカケで、フリーランスで芸能活動をし、将来も続けて芸能の仕事をしたいという思いから、現在の事務所に所属したという水野は、将来の目標を聞かれると「モデルに限らず、最近は幅広く挑戦させていただいているので、限界を作らずに自分のできることをマルチに頑張りたいです」と意気込み、目標とする人を尋ねられると「桐谷美玲さんですね。モデルや女優、キャスターとジャンルを問わず活躍されているので尊敬します」と吐露した。

この日、初めて水着ショーに出演したという水野は「ジムにずっと通ってきて、毎日、鏡を見ながら水着を着ても恥ずかしくない体型になりたいと思ってがんばりました」と打ち明け、自身のある体のパーツを聞かれると「くびれが綺麗だねと言われるのと、脚がもともとスッとしていて美脚だねって言ってもらえることがあります」と笑顔を見せた。左から、夢乃、黒木麗奈水野瑛北向珠夕相沢菜々子

このほか、戴冠式には2代目「なぎさイメージガール」の鈴菜が登場して水野へバトンタッチ。水着ショーには、2018年三愛水着楽園イメージガールの黒木麗奈、2018年旭化成グループキャンペーンモデルの北向珠夕、2018年東レキャンペーンガールの夢乃、2018年JSA水着キャンペーンガールの相沢菜々子も参加し、水野とともに新作水着を紹介した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.