くらし情報『松坂桃李、全裸上映後の舞台挨拶に「何かのプレイ」 お尻のアドリブも』

松坂桃李、全裸上映後の舞台挨拶に「何かのプレイ」 お尻のアドリブも

2018年4月7日 15:54
 

松坂桃李、全裸上映後の舞台挨拶に「何かのプレイ」 お尻のアドリブも

俳優の松坂桃李が12日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演映画『娼年』(2018年4月6日公開)の公開記念舞台挨拶に、真飛聖冨手麻妙猪塚健太桜井ユキ馬渕英里何三浦大輔監督とともに登場した。

同作は石田衣良による同名小説を映画化。無気力な大学生・森中領(松坂)は会員制ボーイズクラブ「パッション」で「娼夫」となり、女性の欲望を引き出していく。2016年8月には松坂主演、三浦大輔演出で舞台化され、当日券を求める人々で長蛇の列となった。

松坂の全裸シーン満載の同作。新たな映画館のスクリーンのあまりの大きさに、松坂は「皆さん観られたわけでしょう?」と苦笑。「この目線が一種のプレイだと。(映画から)続いてる感じがしますね。いたたまれないですね」と心境を明かすと、猪塚も「スーツ着てない状態を、完全に想像できますからね」と畳み掛ける。松坂は「できますよ。もう鮮明に」と頷いていた。

三浦監督は同作について「セックス・エンタテインメントだと思ってるので。アートのかけらもない娯楽作品だと思ってます」ときっぱり。松坂は「濡れ場のシーンも多いんですけど、笑っていいところは十分に笑ってほしいな」と要望を述べ、「舞台でも段々日を追うごとに爆笑、大爆笑となっていたので、我慢せずに」と客席に語りかけた。

真飛は同作の見どころについて、松坂演じるリョウの瞳の変化をポイントとして挙げる。「とにかく桃李さんの目はまっすぐじゃないですか。その瞳に本当に引きこまれて、涙がぽろりと」と熱弁しつつ、「後は桃李さんのお尻が見所」とお茶目に語った。三浦監督が「お尻の痙攣はアドリブですから!」と横から衝撃の事実を明かすと、松坂は動揺した様子に。「リアリティを追求してくれっていう演出です」と弁解していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.