くらし情報『雀士モデルの岡田紗佳、初写真集の出来は「親の倍満! 24,000点ぐらい」』

雀士モデルの岡田紗佳、初写真集の出来は「親の倍満! 24,000点ぐらい」

2018年4月8日 11:30
 

関連リンク

・】にゃんごすたー、スリランカの若者をドラムプレイで魅了「平和でいい所でした」
・窪塚洋介が授乳? 愛娘とのショットに「うちの主人もやってます」の声
・みちょぱ、「Popteen」卒業後に言及 20歳に向け「怖い」ことも明かす

モデルでタレント、プロ雀士の岡田紗佳が7日、東京・新宿の福家書店 新宿サブナード店で写真集『muse』(発売中 3,240円税込 ワニブックス刊)の発売記念イベントを行った。

写真集『muse』の発売記念イベントを行った岡田紗佳

プロ雀士として活躍しながらもファッションモデルやグラビア、タレント活動など様々なフィールドで活躍している岡田紗佳。そんな彼女の初めてとなる同写真集は、昨年11月に東京・新島と都内のホテルで撮影され、抜群のプロポーションを余すところなく披露した一冊となっている。

初めての写真集を手にした岡田は「写真集を出すことが目標だったので、すごくうれしいです」と満面の笑みを浮かべながら「麻雀の点数でいったら親の倍満ぐらい。24,000点ぐらいですね。役満にしちゃうと次がないから(笑)」とプロ雀士らしく麻雀の点数で自己採点。お気に入りの衣装でもあるバニーガールのショットについては「バニーガールをやりたかったので要望を出しました。その時の撮影はノリノリだったような気がします」と満足げで、「今回はナチュラルでスッピンっぽいのがあったりお家のシチュエーションも多かったので、次はファッション寄りに決めた写真集にしたいです」と早くも次回作に意欲を見せた。

自身を「運動アレルギー」と称す岡田は「運動はヨガとストレッチぐらいです。嫌いじゃなくて、運動するとじんましんが出るんですよ。高校2年生の頃、体育の授業中に顔が扇風機おばさんみたいにパンパンになって救急車で運ばれました」と運動アレルギーのエピソードを。また、抜群のプロポーションを誇る岡田は「写真集を撮ると決まってから1週間で撮りました。準備もしないでこの感じですよ。天性のモノですね(笑)」と話しつつ、「食事や柔軟性には気をつけて身体を柔らかくするようにしています。あとは代謝がよくなるようにゆっくり歩いたり、熱い湯船に入るようにしていますね」と極上ボディーを保つ秘けつも明かしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.