くらし情報『新田真剣佑、北村匠海をエスコートで客席悲鳴! トークでも良いコンビに』

2018年6月1日 21:53

新田真剣佑、北村匠海をエスコートで客席悲鳴! トークでも良いコンビに

新田真剣佑、北村匠海をエスコートで客席悲鳴! トークでも良いコンビに

映画『OVER DRIVE』(6月1日公開)の公開初日舞台挨拶が1日に行われ、東出昌大、新田真剣佑森川葵北村匠海町田啓太羽住英一郎監督が登場した。

同作は、公道を全開走行で駆け抜ける自動車競技「ラリー」を題材に、若者たちの熱い愛と絆を描いたオリジナル作品。誇りと絆との間で揺れ動くメカニック・檜山篤洋(東出昌大)と、その弟である天才ドライバー・檜山直純(新田真剣佑)の物語となる。『海猿』『MOZU』『暗殺教室』などで知られる羽住英一郎監督がメガホンを取った。

新田は登場するなり、ヒールを履いて登壇する森川のために、手を差し伸べエスコート。さらに、後から続く北村の姿を見るとイタズラを思いついたような顔で笑い、北村にも手を差し伸べる。プライベートでも仲良しで、同作ではライバルを演じた2人が手をつないで登場すると、客席からも歓声が起こった。

「自分は〇〇バカ」と、夢中になっていることを明かすコーナーでは、「服のリブバカ」と答えた北村。「パーカーとかの袖のクッとなる部分は、とにかくしまっててほしい。ガッチガチにしまって、たるみができているとキュンとなる」と独特のこだわりを語る北村に、新田は自身の体でリブを示したり、北村のフリップを持ったりとトークをフォローする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.