くらし情報『加藤和樹、9年ぶりアルバムに込めた“働くこと”への思いと見つめ直した原点』

2018年7月20日 17:25

加藤和樹、9年ぶりアルバムに込めた“働くこと”への思いと見つめ直した原点

と見つめ直すこともできた、今の自分だからこそ作れたアルバムだと思います。

●前回のアルバムから9年の間に「人が好きになった」
○自分にとってはなくてはならない場所

――今回はアルバムツアーも行われる予定で、ミュージカルなどステージで歌う機会も多いと思うのですが、やはりライブで歌う時とは感覚が違いますか?

舞台やミュージカルは役を表現するものですから、どうしても立っているのが自分自身ではないんですよね。だからこそ、音楽で自分の思いを表現してお客さんとつながれるライブは、自分にとってはなくてはならない場所です。

――歌い方や意識も変わったりするのでしょうか?

ミュージカルでは、自分の得意な歌い回しや癖を抜いていかなけれないけないので、最初は難しいと思っていましたけど、役に入ることで、自然とできてくるようにはなりました。

逆にミュージカルを始めてからは、発声の仕方や声帯のコントロールも出来るようになって、自分の楽曲を歌う時に活かされることも多くなってきました。「こういう風に声を出したい」という自分の中のイメージを、技術的な面で支えられようになったことは非常に大きいです。

――今回のアルバムも、制作は『1789』公演と被っているんですか?

そうですね、合間でレコーディングを行っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.