くらし情報『東京都現代美術館で"1995年"に焦点を当てる展覧会「クロニクル 1995-」』

2014年5月28日 13:28

東京都現代美術館で"1995年"に焦点を当てる展覧会「クロニクル 1995-」

東京都現代美術館で"1995年"に焦点を当てる展覧会「クロニクル 1995-」
東京都現代美術館は6月7日~8月31日、開館20周年記念 MOTコレクション特別企画「クロニクル 1995-」を開催する。

○社会的・文化的節目「1995年」を、現代美術の分野において検証・展観

同館は、2015年3月に開館20周年を迎える。2014年度のMOTコレクションは、これを記念して3期にわたって特別企画を実施、同展はその第1弾となる。

同展は、同館が開館した年「1995年」に焦点を当てる展覧会。バブル崩壊後の社会不安が蔓延するなか、阪神淡路大震災、オウム真理教事件が起き、戦後50年、インターネット元年など、日本の社会的・文化的節目としてこれまでも数々の論考により言及されてきた「1995年」について、現代美術の分野において検証・展観する初めての機会となる。

展示は2部構成となる。第1部では、この年の前後において、現代美術の分野でどのような表現が生まれていたかを、数々のキーワードとともに辿る。第2部では、1995年以降に活動を開始した作家たちの表現を、同館の若手作家コレクションを通して概観。1995年を起点とする歴史的な俯瞰図によって、同館の20年の歩みをたどるとともに、現在進行形のシーンに対する視座を提示する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.