くらし情報『エミレーツが777X型とA380型で、民間航空史上最大の航空機発注契約を発表』

2013年11月21日 14:47

エミレーツが777X型とA380型で、民間航空史上最大の航空機発注契約を発表

エミレーツが777X型とA380型で、民間航空史上最大の航空機発注契約を発表
エミレーツ航空(本社:アラブ首長国連邦・ドバイ)は11月17日、ドバイ航空ショーにおいて、ボーイング777X型シリーズ150機(ボーイング777-8X型35機、ボーイング777-9X型115機、更に50機の購入権付き)並びに、エアバスA380型機50機の民間航空史上過去最大となる航空機を発注した。

○777X型シリーズは2020年納入開始

ボーイングとエアバスへの合計発注額は、表示価格で990億米ドル(購入権を除く)と推定される。これは民間航空史上最大の発注契約であり、エミレーツにとっても過去最大の発注となる。

エミレーツのボーイング777X型シリーズの発注は合計760億米ドルにのぼり、1回の発注としては米国の民間航空史上においても最高額となった。また、エアバスA380型機に関しても230億米ドルで追加発注となり、世界で最も多くエアバスA380型機を運用する民間航空としての地位を固めた。これにより、同社が既に発注確定済の航空機は、ボーイング777型214機、エアバスA380型101機、エアバスA350型70機の合計385機(オプションまたは購入権を除く)で、総額約1,660億米ドルとなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.