くらし情報『内藤剛志、娘役の柴田杏花にケーキを食べさせてもらい「一生忘れない」と感激』

2014年6月1日 13:00

内藤剛志、娘役の柴田杏花にケーキを食べさせてもらい「一生忘れない」と感激

内藤剛志、娘役の柴田杏花にケーキを食べさせてもらい「一生忘れない」と感激
映画『瀬戸内海賊物語』の初日舞台あいさつが31日、東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの柴田杏花葵わかな内藤剛志中村玉緒大森研一監督が出席した。

本作は、瀬戸内海の島を舞台に、実在した海賊・村上水軍の財宝を探す4人の少年少女を描いた冒険活劇。海賊の血を引く村上楓(柴田)は、自宅の蔵で埋蔵金を示す横笛を発見する。楓ら子どもたちは、島と本土を結ぶフェリーの廃止危機を救うため、財宝探しに奔走する――というストーリーで、映画は全国公開中。

本作で映画初主演の座を射止めた柴田は、「初めてのことをたくさん経験しました。緊張や不安もあったけど、みなさんに助けられてのびのびと演じることが出来ました」とあいさつし、「感じ方は観る人によって違うと思うけど、自分にとっての"宝物"が何かを考える映画になりました」と笑顔でアピール。撮影は約2年前とあって、しっかりとした話しぶりや身長の変化に、柴田の父親を演じた内藤は、「大きくなった。目線が全然違うもんね」と目を細めていた。

また、5月は内藤と大森監督の誕生月ということで、船の形をしたバースデーケーキが登場。柴田から「内藤さんのような素晴らしい女優さんになれるように頑張ります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.