くらし情報『西洋の屋敷!? アンティーク調の里親募集型猫カフェがオープン』

2013年11月25日 10:13

西洋の屋敷!? アンティーク調の里親募集型猫カフェがオープン

西洋の屋敷!? アンティーク調の里親募集型猫カフェがオープン
千葉県浦安市に、保護猫と里親を結び付ける里親募集型猫カフェ「キャットラウンジ猫の館ME(ねこのやかたみい)」がオープンした。

○「猫がいる素敵な暮らし」のモデルルームとしての役割も

同カフェには、最多で猫が12匹在室。皆、家族を探している保護猫たちで、広いリビングでのんびりとくつろいでいる。ラウンジはアンティーク調で、まるで西洋の屋敷のような雰囲気だが、これは「猫と一緒に素敵に暮らせる」ということを伝えるためのモデルルームとしての役割も兼ねているからだという。

猫の里親になるためには、ラウンジでのお見合いが必要。猫の性格等に合った飼育環境が整っているか(準備できるか)どうかや、里親との相性も大切であるとして、ラウンジの責任者であるディレクターが判断を行う。双方問題がなければ、実際に猫と暮らすトライアル期間を経て、正式譲渡となる。猫の留守番をサポートするキャットシッターがオーナーのため、猫を迎えた後の悩みに対し、相談も受け付けるなど譲渡後のケアも厚い。

里親になるには、様々な条件があるが、これは猫と里親双方が幸せに暮らすことができるようにと考えてのこと。また、猫ごとに保護主が異なるため、それぞれ譲渡条件も異なるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.