くらし情報『千葉県船橋市に"たまひよ"プロデュースのベビールームが登場』

2013年11月25日 12:21

千葉県船橋市に"たまひよ"プロデュースのベビールームが登場

千葉県船橋市に"たまひよ"プロデュースのベビールームが登場
ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」は22日、千葉県船橋市「ららぽーとTOKYO-BAY 西館」にベビールーム「たまひよBABY ROOM」をオープンした。

○広々スペースと充実の設備、パパも使いやすい設計に

「たまひよ」では、赤ちゃんとママ・パパの楽しい外出をサポートするスポットを増やしたいと考え、2007年よりベビールームや親子向けレストラン・カフェのプロデュースに取り組んできた。同店はその一環として、三井不動産の協力のもとオープンする新たなベビールームとなる。

多くのママたちの「お出かけ先では、快適に効率よく赤ちゃんのお世話をしたい!」という意見を反映し、広々としたスペースと充実の設備、そして、ママだけでなくパパも赤ちゃんの世話のしやすい設計とした。

ベビールームの壁紙には、たまひよキャラクター"たまちゃん""ひよちゃん"や仲間たちのかわいらしいイラストを採用。ママ・パパと赤ちゃんが楽しい気分で過ごせて、親子の会話が弾むように、たまひよキャラクターと赤ちゃんの大好きな動物や魚のイラストで全面を構成している。

また、おむつ台に寝ている赤ちゃんも楽しめるよう、おむつ替えスペースの天井もたまひよキャラクターのイラストを使うなど、赤ちゃんの目線にも配慮したデザインになっているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.