くらし情報『話題映画『ニート・ニート・ニート』監督が行った、「王道を外す」抵抗』

2018年11月12日 11:30

話題映画『ニート・ニート・ニート』監督が行った、「王道を外す」抵抗

話題映画『ニート・ニート・ニート』監督が行った、「王道を外す」抵抗

●演技を見ずに、ライブ映像からキャスティング
ジャニーズJr.安井謙太郎が主演を務め、山本涼介森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯敦生といったフレッシュなメンバーが集まった青春映画『ニート・ニート・ニート』(11月23日公開)。三羽省吾による同名小説を実写化した同作は、3人のクズニートとワケあり家出少女が北海道を駆け巡る、ロードムービーとなっている。

若手イケメンが3人そろえば、キラキラした映画が出来上がりそうな予想をしてしまうが、メガホンをとった宮野ケイジ監督は「王道を外したかった」と語る。公開日の決定や予告編がSNSでトレンドとなり、テレビでも紹介されるなど話題の同作だが、今回は宮野監督にインタビューし、3人のニートたちの印象や、キャスティング理由などについて話を聞いた。

○少し物悲しい青春映画にしたかった

――今回はレンチ、タカシ、キノブーという3人のニートたちが中心となって物語が動いていきますが、この3人はどういう理由でキャスティングされたんですか?

脚本の初稿をあげた段階でキャスティングに入っていったんですが、キャスティング担当の方から「ジャニーズJr.の方に主演をお願いするのはどうだろう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.