くらし情報『白石和彌監督、ピエール瀧容疑者に「バカ野郎」も「作品に罪はない」』

2019年3月20日 11:12

白石和彌監督、ピエール瀧容疑者に「バカ野郎」も「作品に罪はない」

と訴え、「そこは作品それぞれ。上映できないというのが特例であってほしい。作り手としての願い」と切実な思いを述べた。

瀧容疑者にかける言葉を聞かれると、「(『凶悪』をきっかけに)監督として大きく引き上げてくれた一人」「彼の持っているキャラクターと男っぷりの良さ、いろいろなところに男惚れをして通算5本仕事をさせていただいた」とこれまでの関係性を振り返り、「20代の頃からやっていたというのもニュースで知って。少なくとも仕事をしている時は、そういう兆候は分からなかった。瀧さんのスタッフ、ファン、家族がどういう思いをしているのか。言葉にできない」と落胆。「本当に今はバカ野郎としか言いようがない」と突き放しつつ、「自分の罪を反省して、これからどういう人生を歩んでいくのか分からないですし、僕自身も想像できないですけど、治療をして人としてまずは歩いてほしい」と瀧容疑者にメッセージを送っていた。

なお、ピエール瀧容疑者側への損害賠償請求についても協議中。今後、製作委員会から離脱する会社が発生した場合やエンドロールの一部差し替えなどを請求の対象とし、DVDなど劇場公開以降の二次利用についてはあらためて協議するという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.