くらし情報『福岡県門司港で、夜景評論家演出の「レトロ浪漫灯彩」。25万球のLEDが輝く!』

2013年12月5日 09:47

福岡県門司港で、夜景評論家演出の「レトロ浪漫灯彩」。25万球のLEDが輝く!

福岡県門司港で、夜景評論家演出の「レトロ浪漫灯彩」。25万球のLEDが輝く!
福岡県北九州市・門司港レトロ地区では2014年2月23日まで、夜景評論家・丸々もとお氏がプロデュースした「門司港レトロ浪漫灯彩(ろまんとうさい)」を開催している。

○大晦日にはカウントダウンイベントも!

今回、同イベントをプロデュースする丸々もとお氏は、これまで東京ドイツ村・奧日光湯元温泉冬まつり、周南冬のツリーまつりなど大規模イルミネーションのプロデュースを手がけてきた。すべて前年比200~300%アップの集客に成功しているという。

同イベントでは、新たな3つの演出手法を取り入れた。明治初期に開港して120年が経つ門司港エリアの魅力を表現するため、レトロ感あふれる演出を行う。更にエンタテインメント性ある光の演出、新たなイルミネーション技術もプラスしている。

また、国際友好記念図書館前に美しい写真が撮れる撮影スポット、「イルミネーションアーチ」を新たに設置。イルミネーションの装飾だけではなく、「建造物のライトアップや周囲の樹木と連動した仕掛け」も楽しめる。

12月31日~2014年1月1日にかけて「門司港レトロカウントダウン2014」も開催。105発の花火の打ち上げやライブなどが行うほか、門司港B級グルメの屋台なども登場する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.