くらし情報『MADE、人気恋愛ゲーム舞台化でイケメン偉人に「新しい時代切り拓く」』

2019年4月12日 19:00

MADE、人気恋愛ゲーム舞台化でイケメン偉人に「新しい時代切り拓く」

でも台本をよくよく見たら、すごいやるじゃん、と思って」と驚きを表した。

今までになかったという扮装にも、冨岡は「飛び込むのは勇気がいって不安でしたね」と苦笑し、秋山も「最初は気づかれなかった」と振り返る。長谷川は「人生で初めてコンタクトを目に入れたから、片方入れるのに30分以上かかりました」と苦労を明かした。

ゲネプロ前には「俺たちは、イケメンだ!」 と円陣を組んで暗示をかけていたというキャスト陣だが、自分だったら誰を選びたいか聞かれると、稲葉は「僕は、レオナルド(・ダ・ヴィンチ)を選びます」と自分で演じた役と回答。「設定上では一番年上なので、みんなのリーダー的な立場。自分推しです」と理由を説明する。

また、人気を集めたアーサー・コナン・ドイル役の福士は「キャラクターでいうと一番人気というのはきいてて、プレッシャーに押しつぶされます。女たらしだけど女性がいないので、とりあえずみんなに触りました。たぶん全員触ってます」と告白。「一応、みんなの肌を知ってる。こういうところから女たらしが始まるのかな?」と役作りの裏側を見せた。さらに秋山が「おれフィンセント(・ファン・ゴッホ)かな」と選ぶと、松本が「でも、フィンセントは夜、めっちゃ激しいんですよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.