くらし情報『青山ひかる、『ふたりエッチ』は「小学生の頃にこっそりと見ていました」』

2019年4月15日 13:15

青山ひかる、『ふたりエッチ』は「小学生の頃にこっそりと見ていました」

青山ひかる、『ふたりエッチ』は「小学生の頃にこっそりと見ていました」

公開中の映画『映画版 ふたりエッチ~ラブ・アゲイン~』の公開記念舞台あいさつが14日、都内で行われ、主演の青山ひかるをはじめ、佐々木道成、吉田早紀、石田隼、水樹たま、近藤俊明監督が出席した。

本作は、ヤングアニマルで現在も連載しており、累計2,700万部を超える克・亜樹原作の人気コミック『ふたりエッチ』の劇場版。全男子の憧れ、セクシーヒロイン小野田優良を人気グラドルの青山ひかるが熱演しており、奥手な新婚カップルが試行錯誤を重ねながらエッチを学んでいく姿をコメディータッチで描く。

主演の青山は「小学生の頃のエロ本が『ふたりエッチ』で、古本屋さんで隠れながらこっそりと見ていました。マネージャーから連絡があった時はすごくびっくりしちゃって、携帯を5度見しちゃいましたね」とオファー時の心境を明かしつつ、「皆さんのヒロインでもある優良をどう演じようかプレッシャーと闘っていましたが、一瞬で撮影日が来たのでゴタゴタしていました」とハードなスケジュールで不安も吹き飛んだという。

演じた小野田優良と自身の共通点は「何一つ一緒のところがありません」としつつ、「優良はめちゃくちゃお淑やかで天然な感じなんですが、私は真逆すぎて塩サバ対応と言われているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.