くらし情報『コトブキヤと東京ヴェルディがフィギュアパートナー契約、1ゴールで1フィギュア』

2014年6月13日 15:25

コトブキヤと東京ヴェルディがフィギュアパートナー契約、1ゴールで1フィギュア

コトブキヤと東京ヴェルディがフィギュアパートナー契約、1ゴールで1フィギュア
フィギュアメーカーのコトブキヤとJリーグのプロサッカークラブ「東京ヴェルディ」が、Jリーグ初となる「フィギュアパートナー」契約締結を交わしたことが11日、明らかになった。

「フィギュアパートナー」は、東京ヴェルディのディフェンダー井林章選手が公式戦でゴールを決めるごとに、コトブキヤから井林選手にフィギュアが贈られるというもの。井林選手がアニメ好きということから、今回の締結が実現したという。コトブキヤでは今年から「サブカルチャーを愛する全ての人を応援する」として、さまざまな分野で活躍している人を応援するキャンペーンをtwitterで展開しており、井林選手がアニメが好きであることから、東京ヴェルディとの交流がスタートした。

今回の契約締結について、井林選手は「Jリーグ初のパートナー契約ということで、パイオニアとしてしっかり結果を残せるように、そして皆さんに全力で応援してもらえるような選手になれるようにがんばりたい」と意気込みを語り、「去年は1ゴールだったので今年は最低でも2点は取って、テレビの両脇に2つは置きたいですね」とフィギュア効果からの成績アップに期待を寄せた。また、コトブキヤ戦略開発部の杉山学氏は「サブカルチャーを広く知ってもらうきっかけになればと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.