くらし情報『東京都・西新宿でメディアアートの代表作などを紹介するICC恒例の長期展示』

2014年6月17日 12:00

東京都・西新宿でメディアアートの代表作などを紹介するICC恒例の長期展示

東京都・西新宿でメディアアートの代表作などを紹介するICC恒例の長期展示
東京都・西新宿のNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]にて、現代のメディア環境における多様な表現を紹介する長期展示「オープン・スペース 2014」が開催される。開催期間は6月21日~2015年3月8日まで(月曜は休館、祝日の場合は翌火曜)、開場時間は11:00~18:00。入場無料。

同展は、年度ごとに展示内容を変えるICC恒例の長期展示で、メディアアートの代表作や先端技術を取り入れた作品などを紹介する。本年度は、阿部修也の「パイク=アベ・ヴィデオ・シンセサイザー1972年版レプリカ」やユークリッド(佐藤雅彦桐山孝司)の「指紋の池」、志水児王の「linnerscope(仮題)」などが展示されるほか、昨年度より展示を継続するevala+鈴木昭男による無響室を使ったサウンドインスタレーション「大きな耳をもったキツネ」には、新たな楽曲が追加されることになっている。

さらに、6月21日と22日には、出品作家によるイベント「オープン・サロン」を開催。21日14:00からリヴィタル・コーエン&テューア・ヴァン・バーレン、16:00からダニエル・ローズィン、22日14:00からジェフリー・ショー、16:00からはベルンハルト・ゼレクセ(ZKM メディア・ミュージアム チーフ・キュレーター)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.