くらし情報『松田翔太、窪田正孝への「一目惚れからの愛」熱演? 変態度診断も実施』

2019年6月11日 19:53

松田翔太、窪田正孝への「一目惚れからの愛」熱演? 変態度診断も実施

松田翔太、窪田正孝への「一目惚れからの愛」熱演? 変態度診断も実施

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)のTOKYOプレミアが11日に都内で行われ、窪田正孝山本舞香松田翔太鈴木伸之白石隼也知英マギー柳俊太郎川崎拓也監督、平牧和彦監督が登場した。

同作は、石田スイによる累計発行部数3700万部を誇る同名コミックを実写化。これまでTVアニメ化、舞台化、ゲーム化など、さまざまなメディアミックスが展開され話題を呼んできた。物語の舞台は、食人の怪人"喰種(グール)"が潜む東京。ある喰種の臓器を移植されたことで、喰種と化してしまった大学生・金木研(カネキ/窪田正孝)が戦いの中で自分自身と向き合っていく。

松田演じる月山が、窪田演じる金木を「食べたい」と狙う"ド変態"な役であることから、生年月日を元に占う「変態度診断」を実施。35%と1番変態度が低かった鈴木は「亜門鋼太朗という役は真面目ですから。すごく一途で、僕と本当にリンクしていて」と満足げな様子を見せる。

また、松田の変態度が70%であったことから、山本ら共演者陣は「翔太さんは100%以上だと思うんだけど」と疑問。診断結果を聞いた松田は「もういいよ。俺、(診断が)明るい変態だから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.