くらし情報『玉山鉄二、外国人から「Oh~さんま!」明石家さんま役の反響明かす』

2019年7月24日 21:31

玉山鉄二、外国人から「Oh~さんま!」明石家さんま役の反響明かす

玉山鉄二、外国人から「Oh~さんま!」明石家さんま役の反響明かす

俳優の玉山鉄二が24日、都内で行われたNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』(8月8日全世界配信)のワールドプレミアに登壇。以前出演したNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』で明石家さんま役を演じた反響を明かした。

『全裸監督』は、本橋信宏によるノンフィクション『全裸監督 村西とおる伝』を原作に、1980年代のバブル時代に“AVの帝王”と呼ばれ、前科7犯、借金50億、米国司法当局から懲役370年を求刑されたAV監督・村西とおるの軌跡を描くドラマ。村西を中心に、そこに関わる人間を実際の出来事をベースにしながらユーモアたっぶりに深く描き出す。

玉山が演じたのは、山田孝之演じる村西が裏社会で躍進するきっかけを作る出版社社長・川田研二。オファーを受けたときの心境を聞かれると、「題材がすげーなと。Netflixは攻めている、黒船が到来しているなという印象でした」と語った。

これまでにNetflixのほかの作品にも出演経験のある玉山。その反響を聞かれると、「旅行で海外に行ったときに『Oh~さんま!』って言われた」と、『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』で明石家さんま役を演じた反響などを明かし、「民放のドラマとはまた違って、国境を超えていろんな作品を見られるということは、エンターテインメントとして素晴らしいなと感じました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.