くらし情報『実写版『パトレイバー』冨永みーな&古川登志夫のアニメ版コンビが出演』

2014年6月23日 19:50

実写版『パトレイバー』冨永みーな&古川登志夫のアニメ版コンビが出演

実写版『パトレイバー』冨永みーな&古川登志夫のアニメ版コンビが出演
人気アニメ『機動警察パトレイバー』の実写プロジェクトで、7月12日に公開される『THE NEXT GENERATION ‐パトレイバー‐』第3章に、声優の古川登志夫冨永みーなが出演することが明らかになった。

アニメ版『機動警察パトレイバー』では、古川が篠原遊馬役、冨永が主人公・泉野明役を務めており、第3章のエピソード5「大怪獣現る 前編」では、本編のラジオパーソナリティとして声の出演。ラジオのトークは、1分間にわたる脱力感あふれる内容になっているという。

アニメ版『機動警察パトレイバー』に加え、『うる星やつら』(1981年)で主人公・諸星あたるを務め、さらには押井監督の実写映画『紅い眼鏡/The Red Spectacles』(1987年)にも出演するなど、押井監督と縁のある古川は「アニメ版『機動警察パトレイバー』は、劇場版はもとより、OVAもTVシリーズも、すでに本編の劇映画を思わせる作り、と感じていました。その意味で実写化はまさに必然であり、幅広い世代に支持されることでしょう」と実写版にも太鼓判。さらに「アニメの実写化には、世界観や整合性の保持など、さまざまな制約があり容易ではないはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.