くらし情報『「シュウェップス」に、コカコーラ初のフルーツビネガーを使用した炭酸登場』

2014年6月25日 23:27

「シュウェップス」に、コカコーラ初のフルーツビネガーを使用した炭酸登場

「シュウェップス」に、コカコーラ初のフルーツビネガーを使用した炭酸登場
コカ・コーラシステムは7月28日、「シュウェップス」より、炭酸飲料「シュウェップス フルーツビネガーゼロ マスカットレモン」(140円・税別)を発売する。

○"妥協しない大人の女性"のための新しい炭酸飲料

「シュウェップス」は、"自分らしいライフスタイルを確立したこだわりを持つ大人世代"に向けた炭酸飲料ブランド。同商品は、健康意識の高い20~40代の大人の女性をターゲットとした、同社初のフルーツビネガー(果実酢)を使用した炭酸飲料となる。

こだわりの果汁をじっくり発酵させた果実酢を10ml(410mlPET1本当たり)配合したゼロカロリーの炭酸飲料で、「ぶどう酢」と「レモン酢」を使用することで、フルーティーで飲みやすい味わいを実現した。

ぶどう酢は、果汁から醸造して爽やかな果汁感を残したぶどう酢と、ワインから醸造した香り高いワインビネガーをブレンド。レモン酢は、レモンの爽やかな風味が生きるように、レモン果汁を丁寧に醸造したレモン酢を使用し、果実酢の果実感とヘルシーさを両立させた。

パッケージは、マスカットとレモンの果実酢をイメージした透明感のある緑と黄色のグラデーションを背景に、果実の持つみずみずしさをダイナミックに表現。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.