くらし情報『東京都・六本木で「未来を担う美術家たち 16th. DOMANI・明日展」を開催』

2013年12月19日 15:43

東京都・六本木で「未来を担う美術家たち 16th. DOMANI・明日展」を開催

東京都・六本木で「未来を担う美術家たち 16th. DOMANI・明日展」を開催
文化庁、国立新美術館、読売新聞社、アート・ベンチャー・オフィスショウは2014年1月26日まで、東京都港区の国立新美術館にて「未来を担う美術家たち 16th. DOMANI・明日展 文化庁芸術家在外研修の成果」を開催する。

○美術界の明日を担う作家たちが一堂に

文化庁は、将来の芸術界を担う芸術家を支援するため、若手芸術家を海外に派遣。その専門とする分野について研修の機会を提供する、「新進芸術家海外研修制度(旧芸術家在外研修)」を昭和42年度から実施している。研修の成果発表である同展は過去15回を数え、様々なジャンルから選出された作家が、その時々の日本の美術の在り様を提示してきた。

16回目となる今回は、初めて"建築"という未紹介のジャンルを取り込み、アートの多様性と力を紹介する。それにともない、初めての試みとして「未来の家」というテーマを設け、43名の建築家たちがひとつの作品を創り上げる。さらに、他ジャンルのアーティスト8名、榊原澄人(メディア芸術)、徳丸鏡子(陶芸)、川上りえ(彫刻)、吉本直子(現代美術)、大栗恵(写真)、大野由美子(インスタレーション)、小笠原美環(絵画)、土橋素子(壁画・インスタレーション)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.