くらし情報『昭和の残像 鉄道懐古写真 (53) ゴールデンウィーク特別企画「昭和が生んだ通勤電車クハ79の”顔”」』

2012年5月6日 08:46

昭和の残像 鉄道懐古写真 (53) ゴールデンウィーク特別企画「昭和が生んだ通勤電車クハ79の”顔”」

昭和の残像 鉄道懐古写真 (53) ゴールデンウィーク特別企画「昭和が生んだ通勤電車クハ79の”顔”」
今回はゴールデンウィーク特別企画第2弾。

4月29日が「昭和の日」だったことにちなんで、昭和が生んだ通勤電車の基本スタイル「車体長20m片側4ドア」を確立した72系の中から、制御車クハ79の”顔”(前面)を特集したいと思います。

クハ79は製造年度ごとにマイナーチェンジを繰り返しました。

そのバラエティーに富んだ”顔”を追っていくと、新性能通勤形電車101系の”顔”へ受け継がれていったデザインの変化が見られます。

同車両は大きく2つのグループに分けることができました。

ひとつは戦時中から戦後直後の混乱期にかけて、木造車や無電装のモハ63から改造された「原型グループ」。

もうひとつは1952~1957年にかけて、300番台・920番台として新製されたグループです。

「原型グループ」はクモハ73原型車と同じ前面で、いわば「ナナサン」(72系の通称)を代表する顔。

「製造工程の短縮」「資材節約」の戦時設計から生まれた、食パンのような切妻顔です。

この顔が新製グループに引き継がれ、製造年度ごとにマイナーチェンジを繰り返し、変化を遂げていきます。

クハ79として初めて新製されたグループ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.