くらし情報『東京都内の猫カフェを渡り歩いてみた (4) おっさんくさいポーズで土鍋に入るデカ猫-猫カフェ「きゃりこ」前編』

2012年10月20日 10:02

東京都内の猫カフェを渡り歩いてみた (4) おっさんくさいポーズで土鍋に入るデカ猫-猫カフェ「きゃりこ」前編

東京都内の猫カフェを渡り歩いてみた (4) おっさんくさいポーズで土鍋に入るデカ猫-猫カフェ「きゃりこ」前編
JR吉祥寺駅から徒歩で2分歩くと、猫の写真だらけのにぎやかな看板が見えてくる。

吉祥寺にある猫カフェ「きゃりこ」。

連載一回目で紹介した新宿の猫カフェの姉妹店だ。

手を洗い、店内に入る。

かなり広々としており、猫と思い切り遊ぶことができそうだ。

漫画の種類も豊富で、ゆったりと過ごすことができる。

店内にある木箱の中に、中型の猫がいた。

エキゾチックショートヘアという種類の女の子で、まるこちゃんという。

美しいブルーの毛色を持っているため、同じ毛色であるロシアンブルーという猫に間違えられることも。

少々気が弱い性格で、おとなしい女の子だという。

店内には大きなキャットタワーが設置され、ふと見てみるとドームの中で猫がくつろいでいた。

スコティッシュフォールドという種類の女の子で、名前はちょこちゃん。

スコティッシュらしい折れた小さな耳が特徴だ。

名前の由来を聞いてみると、バレンタインデーにやってきたので、「ちょこ」と命名されたという。

いつもはよく寝ているそうだが、この日は運のいいことに起きている姿を見ることができた。

足元にものすごくモフモフな猫がやってきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.