くらし情報『最高記録254杯! 岩手県花巻で2/11開催「わんこそば全日本大会」とは?』

2013年2月3日 11:04

最高記録254杯! 岩手県花巻で2/11開催「わんこそば全日本大会」とは?

最高記録254杯! 岩手県花巻で2/11開催「わんこそば全日本大会」とは?
東北の麺と言えば、岩手県のわんこそば。

熱いつゆにくぐらせた一口大のそばを客のおわんに入れ、客が食べ終えるや次のそばの投入を延々と続けるものだ。

発祥の地とされる花巻市では毎年2月11日、「わんこそば全日本大会」が開催される。

果たして2013年は、これまでの最高記録254杯は破られるか!?行司姿の審判と、力士ならぬ“食士”たちが奮闘する、「わんこそば全日本大会」の模様が全国放送のテレビニュースに取り上げられるのは毎年のこと。

お茶の間で、「俺なら何杯くらいいけるかな?」「私にはムリムリ」といった会話を繰り広げ、一家だんらんほのぼのムードを楽しむのも、ニッポンの冬の醍醐味(だいごみ)だ。

大会は“食の格闘技”の別称を持ち、制限時間5分の間に何杯食べられるかを競う。

そばの量は1わん10gに統一されていて、10杯でかけそば約1杯ほどだそうだ。

とすると、記録の254杯とは5分でかけそば25杯を食べたということに……。

うーん、人間技とは思えない。

歴代のベスト3は、254杯、241杯、238杯。

女性の最高記録は225杯だという。

ちなみに、花巻市内から出場する人は2~3割にすぎない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.