くらし情報『神奈川県・よこはま動物園ズーラシアで金色の赤ちゃんが誕生』

2013年2月26日 11:06

神奈川県・よこはま動物園ズーラシアで金色の赤ちゃんが誕生

神奈川県・よこはま動物園ズーラシアで金色の赤ちゃんが誕生
神奈川県横浜市のよこはま動物園ズーラシアは、妊娠中だったフランソワルトンのミカンが、2月19日に赤ちゃんを出産したと発表。

ミカンは今回が初めての出産となり、現在は母子ともに元気にしているという。

フランソワルトンの赤ちゃんは黒色の親とは異なり、金色で誕生する。

これは「子守行動」を周囲の成獣に誘発させるための色と言われており、親以外の群れの成獣も子守を積極的に行う習性があるとのこと。

金色でいる期間は生後4カ月くらいまで。

これを過ぎると徐々に親と同じ色になり、一人前の個体として扱われる。

同園では、赤ちゃんと母親の健康状態や気候を見ながら、金色の赤ちゃんの一般公開を検討しているという。

フランソワルトンは、中国南部の一部から、ベトナム北部にかけて分布するオナガザル科の動物。

河川に面した石灰山地や険しい岩山のある熱帯モンスーン林に生息し、1頭のメスに対し、複数のオスからなる群れを形成する。

生息数が少なく、絶滅が心配されている。

【拡大画像を含む完全版はこちら】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.