くらし情報『2013年、花粉症の症状が重い県、3位は愛知、2位は徳島、1位は?』

2013年3月22日 12:11

2013年、花粉症の症状が重い県、3位は愛知、2位は徳島、1位は?

2013年、花粉症の症状が重い県、3位は愛知、2位は徳島、1位は?
ウェザーニューズは、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」及び携帯サイト「ウェザーニュース」の利用者を対象に、「第一回花粉調査」を実施した。

調査は3月8日~12日に実施し、合計4万2,168人から有効回答を得た。

まず「ここ数年の症状と比べてどうですか?」と尋ねたところ、“症状は重い”は43.3%、“同じくらいの症状”は39.4%、“症状は軽い”は17.3%となった。

“症状は重い”と“同じくらいの症状”を合わせると82.7%となっている。

また、花粉が大量飛散した2011年と比較。

2011年の同時期に同じ質問をした際は、“症状は重い”が43.2%、“同じくらいの症状”は48.7%、“症状は軽い”は8.1%だった。

“症状が軽い”と感じている人は今シーズンの方が多いものの、“症状が重い”と感じている割合は同程度になっている。

さらに、“症状は重い”の割合を都道府県別に見たところ、その割合が最も多かったのは神奈川県で53.4%、2位が徳島県で51.9%、3位が愛知県で51.5%、4位が千葉県で50.8%、5位が和歌山県で50.6%だった。

花粉飛散量が昨年以上となった関東~中国・四国では半数以上の人が症状の重さを感じている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.