くらし情報『ペット関連市場、前年比0.6%増--ドッグフード縮小・キャットフード拡大』

2013年5月28日 11:19

ペット関連市場、前年比0.6%増--ドッグフード縮小・キャットフード拡大

ペット関連市場、前年比0.6%増--ドッグフード縮小・キャットフード拡大
富士経済は27日、2012年の国内ペット関連市場の動向を取りまとめた「2013年 ペット関連市場マーケティング総覧」を発表した。調査方法は、同社社員による面接やヒアリングのほか、社内データを活用した。調査期間は2012年12月~2013年3月。

ペット保険について見ると、2012年の契約件数は前年比19.3%増の73万3,570件。なお、インターネット経由の申込みの場合、必要性を感じて自ら調べて加入する飼い主が多く、契約継続率も高いという。

ペット関連市場は前年比0.6%増の4,011億円。このうち、ペットフード市場については、ドッグフードが縮小したのに対し、キャットフードが拡大した。ペットの高齢化や小型化により1食当たりの消費量が減っており、大容量タイプの需要が減少。一方、プレミアムフードは順調で、2012年の市場は前年比0.7%増の583億円となった。このほか、グルメタイプ、猫用機能性フード、療法食、ナチュラル志向タイプなどが増加している。

ペットケア用品市場では、室内飼育率の上昇でトイレ用シーツと猫砂の需要が増加。イヤークリーナー、デンタルケア用品なども小幅ながら拡大が続いている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.