くらし情報『「木・火・土・金・水」の5種類の元素とは? 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】』

2013年5月21日 11:52

「木・火・土・金・水」の5種類の元素とは? 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】

「木・火・土・金・水」の5種類の元素とは? 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】
今回は五行について。

よく聞く言葉ですが、なかなか捉えづらい概念です。かなり奥が深く難しいのでわたくしもまだまだ入り口ですが、風水に関連する部分だけ、簡単にざっくりとご説明申し上げますね。

「五行思想(ごぎょうしそう)または五行説(ごぎょうせつ)とは、古代中国に端を発する自然哲学の思想。万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説である。また、5種類の元素は『互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する』という考えが根底に存在する」(ウィキペディアより)。

風水の場合は、これを住宅やオフィス、そして個人をとりまく基本的なエネルギーの種類として考えます。

「五行大義」(Theory of Five Elements)としてあまりにも有名なこの理論は、これらエネルギーのタイプを、以下のように定義付けています。

前回、前々回の方位のお話も思い出しながら、お読みくださいね。

「木」は枝葉を伸ばす木々のように、外向きに広がるエネルギーです。まさにこれから何か新しいものが生まれて成長する、春を表します(東・青)。

「火」は燃えさかる炎のごとく、上に向かい、最高潮に達するパターンです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.