くらし情報『正しい歯磨き、ちゃんとできてる?』

2013年5月28日 15:17

正しい歯磨き、ちゃんとできてる?

正しい歯磨き、ちゃんとできてる?
毎日ちゃんと歯をみがいているはずなのに、虫歯や歯周病になってしまうという場合は、歯磨きが正しく行えていない可能性があります。ここでは、正しい歯磨きの方法を御紹介。今は歯に問題がないという方も、一度チェックしてみましょう。

■正しい歯磨きのタイミング

眠っている間は唾液が減り、口の中の細菌が繁殖しやすい状態となるため、夜寝る前、朝起きてからの歯磨きは欠かせません。このほか三食の食事後、間食後もしたいところですがさすがにそこまで頻繁に磨くのは大変なので、一日二回以上を目安に。

■歯垢を取ることが大事

虫歯も歯周病も、原因は歯垢です。歯垢とは磨き残し部分に細菌や毒素が付着していったもので、そのままにしておくと更に細菌が増加してしまいます。磨き残しがおきやすいのは、歯と歯の間部分、歯茎との境目、奥歯や歯の裏側など。

黄白色に変化している部分がないか確認してみましょう。歯垢がどこにあるのかわからないという場合は、歯垢染色剤(プラークテスター)を使うと便利。これは口に含むと歯垢が付いている部分が赤く染まるため、磨き残しが見つけやすくなります。歯垢染色剤は歯科医院や薬局の歯ブラシコーナーなどにありますので、ひとつ用意しておくといいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.