くらし情報『【あの街の歴史】知る人ぞ知る!? 都内にある“野菜の一大産地”って?』

2013年7月25日 20:54

【あの街の歴史】知る人ぞ知る!? 都内にある“野菜の一大産地”って?

【あの街の歴史】知る人ぞ知る!? 都内にある“野菜の一大産地”って?
このコラムは、大袈裟なネタではないけれど、知っているとちょっと自慢できる「あの街の歴史エピソード」を紹介します。第六回は、江戸川区です。

【名付け親は徳川吉宗!?全国有数の“小松菜”の産地】

東京都内で農産物がとれるというイメージはあまりありませんが、実は都内にも農業がさかんな地域はあります。江戸川区は、古くから、ある野菜の産地として知られてきました。その野菜とは、“小松菜”。収穫量が日本一になった年もあるほど、全国でも有数の一大産地なのです。

小松菜は、もともとは外国の野菜。それが中国などを経由して日本に伝わり、鎌倉時代に江戸川区に伝わったとされています。小松菜と呼ばれるようになったのは江戸時代のこと。今では季節を問わず食べられるようになりましたが、そのころの小松菜は、このあたりではお雑煮に欠かせない冬菜でした。

江戸川区の北西、現在の都営新宿線東大島駅周辺に、小松川という町があります。江戸時代のある冬、その小松川(当時は村)に、八代将軍徳川吉宗が鷹狩りに訪れました。その際に立ち寄った神社の神主が、地元でとれた冬菜を汁に入れて出したところ、それを吉宗が気に入り、小松川の地名から“小松菜”と命名したと言われています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.