くらし情報『年収350万円で200万円貯めた! 元会社員の節約術 (10) 独身の時期こそ人生の貯め時! 「手作り力」でついに貯蓄残高が400万円台に!』

2013年8月21日 15:45

年収350万円で200万円貯めた! 元会社員の節約術 (10) 独身の時期こそ人生の貯め時! 「手作り力」でついに貯蓄残高が400万円台に!

年収350万円で200万円貯めた! 元会社員の節約術 (10) 独身の時期こそ人生の貯め時! 「手作り力」でついに貯蓄残高が400万円台に!
連載コラム『年収350万円で200万円貯めた! 元会社員の節約術』は、若くしてお金を貯めるにはどうすればよいかについて、執筆者の美月小夜(みづきさよ)氏が自身の実体験に基づき、”究極の節約術”を伝授します。

節約を初めて2年後、節約が板についてきて、私の生活費は月4万円で済むようになっていました。その当時の私にとって、4万円は最低限の生活と少し楽しい事ができる金額。あればあるだけ使ってしまうけど、無ければ無いなりに頑張れるタイプの私にとって、全く辛くはありませんでした。

その結果、貯蓄額は順調にその数字を伸ばし、月の終わりに家計簿を集計するのと貯蓄ノートの残高を見るのが楽しみになったのです。貯蓄の残高が300万円台から400万台となり、数字が積み上がっていく楽しさももちろんありましたが、それよりも「住宅を買う」という夢に着実に一歩一歩近づいていることで、やればできるという自信を強く感じるようになっていきました。

今思えば、この時がまさに人生におけるお金の貯め時であり、そのチャンスを逃さなかったことが、その後の人生に大きく役立ったのだと思っています。独身の時期は、管理するお金、必要とされるお金がそれほど多くありませんから、その時に家計の管理や節約のスキルを磨いておくことこそ、後々役に立つことになると実感しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.