くらし情報『ビル・ゲイツの別荘で長野県軽井沢はどう変わる? 軽井沢の別荘事情』

2013年8月9日 11:19

ビル・ゲイツの別荘で長野県軽井沢はどう変わる? 軽井沢の別荘事情

ビル・ゲイツの別荘で長野県軽井沢はどう変わる? 軽井沢の別荘事情
マイクロソフト社の共同創業者・会長であり、世界的な大富豪であるビル・ゲイツ氏が、軽井沢町内の敷地2万2,000平米に別荘を建設中というのは、地元では誰もが知るところ。完成の暁には、日本有数の避暑地はどのように変貌するのだろう。現地でレポートするとともに、軽井沢の方向性を探ってみる。

ゲイツ氏の別荘については、2012年3月に長野県の業界紙が初めて報道し、その後、情報が広まっていたため、今更特に驚くことではない。しかし、なぜゲイツ氏がこの時期に日本の軽井沢に別荘を造るのかということには、多くの人が興味を抱いていることであろう。

建設地は軽井沢町長倉千ケ滝西区にあり、敷地約2万2,000平米(=約6,600坪)、総工費約80億円で、地上1階・地下3階、回廊式和風建築の豪邸と言われている。現場全体は工事用の塀に囲まれ、内部に入り込むことは不可能。加えて、塀には薄い布が張られているため、中の様子を観察することも困難であった。規模は不明であるが、広い森林の中に4階建て程度の巨大なビルが建ち始めているという感じだ。

では、ゲイツ氏の別荘建設を地元はどう考えているのか?関係方面に取材してみた。

まずは地元軽井沢町役場から。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.