くらし情報『浮気で「愛情確認」できる!? 映画『結婚まで1%』に学ぶ男女の性愛の心理学』

2018年7月28日 15:00

浮気で「愛情確認」できる!? 映画『結婚まで1%』に学ぶ男女の性愛の心理学

目次

・浮気は愛情確認にならない?
・違いを生み出す要因(昔)
・違いを生み出す要因(現代)
・まとめ
浮気で「愛情確認」できる!? 映画『結婚まで1%』に学ぶ男女の性愛の心理学

7月25日に、アラサー男女の本音の恋愛を描くラブコメ映画『結婚まで1%』が公開されました。

アンナとウィルは恋人で、お互いに初めてお付き合いする同士。二人はアンナの30歳の誕生日を目前に控え、なんとなく結婚を意識するように。

ただ友人たちに「他の恋を知らないままでいいの?」と聞かれ、迷いが生まれます。そして愛情を確認するため、一度だけ浮気してもいいことにするのですが…。

■浮気は愛情確認にならない?

アンナとウィルは「愛情確認」のために他の異性と関係を持つことにしますが、果たして違う誰かと一線を越えることが「愛情確認」になるのでしょうか。

例えば食の好みでいえば、フレンチやイタリアンを堪能しても、やっぱり和食が一番好き、という結論に達することはあります。

でも、男女の性愛というのはお互いがよっぽどドライじゃない限り、こんなにシンプルに収まることはありません。

これは、男女で「嫉妬」の質が異なるからです。今回は「嫉妬」という要素を通して、男女の性愛における違いを解説していきます。

■違いを生み出す要因(昔)

「嫉妬」の質が異なるのは、身体的な違いが原因です。

女性は自身の体で子どもを産み育てますから、自分の子どもかどうか、疑う余地がありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.