くらし情報『親が過保護で恋愛下手!優柔不断 & 受動的なカホコ系女子を脱出する秘訣』

2017年8月23日 23:55

親が過保護で恋愛下手!優柔不断 & 受動的なカホコ系女子を脱出する秘訣

目次

・大事に育てられたゆえの悩みとは?
・カホコ系女子の悩みを解消するには
・終わりに
親が過保護で恋愛下手!優柔不断 & 受動的なカホコ系女子を脱出する秘訣


水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日テレ系)を見ていて、「この子、私みたい…」と感じる女性も少なくないのでは?

両親から大事に大事に育てられた影響で、自分で物事を決められない、人の意見を聞かないと安心できない、何かにつけて自信がない、などなど。

自分らしく生きるとはどういうことなのでしょうか。過保護に育てられた女性の実例や、悩みを乗り越える方法をご紹介していきます。

◆大事に育てられたゆえの悩みとは?

両親から愛情をたっぷり注がれて、成長したTさん(28歳/事務職)。

「何かを選ばなければならないときは、いつも母に決めてもらってたので、ものすごく優柔不断なんです」

常に親に決断をゆだねていたため、何事も自分で決められないし、超がつくほど受動的だという彼女。

「男の人に告白されたけど、付き合っていいかわからず、返事を引き延ばして相手をイライラさせたことがあります。私がいいなと思った人には、自分から声をかけたりできないので、陰から見守るだけで全く進展しません」

チャンスがあっても自ら逃してしまうし、気になる人に対しても積極的になれない…そんな自分を歯がゆく思っているようです。

「自分に自信がなくて、価値のない人間だなと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.