くらし情報『出産前に子どもの【ダウン症確率】が分かる"クアトロテスト"って?』

2015年11月25日 14:00

出産前に子どもの【ダウン症確率】が分かる"クアトロテスト"って?

クアトロテストとは胎児が病気になっている「確率」を計算する検査です。

妊娠時の年齢が上がると、染色体異常を始め、胎児の先天的な奇形が増えることが知られています。また、血縁者の中に同様の病気の「既往歴」があるかどうか、といった「家族歴」も先天的な奇形の確率に影響を与えます。こうした胎児の異常を事前に把握することで出生後の治療がスムーズになることもあり、少しでもリスクを回避するためにクアトロテストが行われています。
クアトロテストの検査時期は?クアトロテストの検査時期は妊娠15~20週頃となります。胎児や胎盤で作られる成分を、お母さんの血液(5ml前後)から採血して調べます。その際、日本人の基準値、妊娠週数、家族歴、体重、年齢、インスリン依存性の糖尿病の有無などが考慮されます。

検査項目│hCGまたはfreeß-hCG、 AFP、不飽和エストロゲン(uE3)、インヒビンA
クアトロテストの精度は?クアトロテストでは胎児が
・ダウン症候群(詳細)
・18トリソミー
・開放性神経管奇形
といった病気にかかっているかどうかの「確率」を計算するために行われる検査です。

つまり、陽性であっても、それが病気を意味しているわけではない、ということです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.