くらし情報『冷凍で2週間以上の保存も?母乳の保存期間と保存方法!』

2015年12月9日 09:00

冷凍で2週間以上の保存も?母乳の保存期間と保存方法!

母乳は、できるだけ、直接飲んでもらうか、絞ってすぐに赤ちゃんに飲んでもらうのが理想ですが、外出しなければならなかったり、お母さんの体調が悪くなってしまった時など、保存してあるものがあると他の人にお願いできて便利です。
今回は、母乳の保存方法や期間について医師に解説していただきました。
搾乳前に哺乳瓶の消毒を!まず、母乳をあつめるための、哺乳瓶を用意します。必ず、以下のいずれかの方法で消毒してください。
・煮沸消毒
・電子レンジによる消毒
・薬液による消毒などの消毒

絞る前に、乳頭や手もきれいにします。母乳は手で絞ってもいいですし、電動や手動の搾乳機を使ってもいいですね。
消毒した哺乳瓶に母乳をためていき、そのまま飲ませる場合は、細菌繁殖や衛生面、鮮度を考えて、直射日光が当たらない、25℃以下の場所でホコリなどが入らないようにしていた場合は、30分以内に飲ませることが理想的とされています。
冷蔵した母乳は24時間以内に飲ませよう冷蔵されるときは、そのまま哺乳瓶か、滅菌された母乳パックなどへ移します。冷蔵庫の4℃以下で保存される場合、24時間以内を目安に飲ませてあげるのがいいとされています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.