くらし情報『妊婦さんは要注意! 妊娠中は普段の「〇倍」鉄分が必要!』

2015年12月11日 08:00

妊婦さんは要注意! 妊娠中は普段の「〇倍」鉄分が必要!

妊娠をすると、赤ちゃんをおなかの中で育てるために、しっかり食事をとり、栄養をとることが大切になります。特に妊娠中は、鉄分が不足したり貧血になりやすくなります。

そこで今回は、妊娠中の鉄分の必要性について医師に解説していただきました。
妊娠すると何故鉄分不足になるの?血液の中には赤血球という、体中に酸素を届ける役割を果たすものがあります。その赤血球を作るために重要な原料となるのが鉄分です。鉄分が足りなくなると赤血球が十分に作れなかったり、小さい形やいびつな形になったりしてしまい、貧血になります。

妊娠すると赤ちゃんを育てるために、体の中をめぐっている血液の量が多くなります。そのため、普段よりもたくさんの赤血球をつくる必要がありますが、それが追いつかなくなるため、貧血になりやすくなります。
加えて、つわりであまり食事がとれないため、鉄分がうまく摂取できず貧血になることもあります。
妊婦が貧血になると危険な場合も!貧血のおもな症状は

・疲れやすい
・動悸や息切れがでる
・体がだるく感じる
・脱毛やぼーっとしてしまう

などがあげられます。

軽度の貧血では赤ちゃんには問題ありませんが、重度になってくると成長がうまくできない場合があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.