くらし情報『【たくさんあって分からない!】乳幼児の定期接種まとめ』

2016年2月12日 17:00

【たくさんあって分からない!】乳幼児の定期接種まとめ

お子さんが生まれると、生後2ヶ月から予防接種が始まります。定期接種は、予防接種の中で、国が一定の年齢になったら、接種するようつとめなければいけない、と決められたものです。
しかし、予防接種は種類や回数も多く、混乱する親御さんは少なくありません。

そこで今回は、医師に定期接種をまとめて、順番に解説していただきました。
ヒブ (Hib)ワクチンヒブ (Hib)ワクチンは、インフルエンザ菌b型に対するワクチンで、お子さんの死亡率の高い髄膜炎などを防ぎます。

初回接種:生後2ヶ月~7ヶ月未満
接種回数:4~8週間の間隔で3回
追加接種:初回接種後7ヶ月~13ヶ月の間で1回接種

※初回接種を受ける時期によって、接種の回数が変わってきます。
肺炎球菌ワクチン肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌に対するワクチンで、これも主に髄膜炎などを防ぎます。

初回接種:生後2ヶ月~7ヶ月未満
接種回数:27日以上の間隔で3回
追加接種:初回接種終了後60日以上の間隔をあけて、生後12ヶ月~15ヶ月で1回接種

※初回接種を受ける時期によって、接種の回数が変わってきます。
四種混合(DTP+IPV)ワクチン四種混合(DTP+IPV)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.