くらし情報『大人がRSウイルスに感染するとどうなるの?』

2016年1月19日 07:00

大人がRSウイルスに感染するとどうなるの?

a href="https://doctors-me.com/doctor/infection/31" target="_blank">RSウイルスは2歳までの子どもにかかることが多い感染症ですが、大人が感染することもあるといいます。しかもインフルエンザ以外のウイルス感染なら、2度かかることはないのですが、RSウイルスは1度かかっても免疫が十分にできないので、何回もかかることがあるのだとか…。今回は、じつは大人にとっても驚異だったRSウイルスについて医師に解説いただきます。
大人が感染すると…子どもに発症するようなRSウイルス感染特有の症状が起きることはなく、通常は咳、痰、熱などの風邪のような症状だけで数日で自然に治ることが多いです。このためにただの風邪にかかったと間違われることが大部分です。しかし中には肺炎などを併発することもあるので注意が必要です。特に次のような疾患をお持ちの方は、厳重な管理が必要になります。
<肺炎を合併しやすい人の特徴>
・肺気腫や気管支喘息などの慢性の呼吸器疾患
・癌などの末期で免疫の機能が低下している方
・ステロイドホルモンなどの免疫機能を抑える薬を飲んでいる人
高齢者

このような人が咳や痰、熱が長引いている時は、単なる風邪だとは考えないで、病院を受診して血液検査や胸部レントゲン検査などの適切な検査と治療を受けるようにしてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.