くらし情報『《産んだ後も痛い!?》出産後に起こりやすい、3大トラブルを解説!』

2015年12月7日 20:18

《産んだ後も痛い!?》出産後に起こりやすい、3大トラブルを解説!

つらい妊婦生活が終わってようやく出産、重たかった身体も軽くなり、ほっとひと安心…と思っていたら、産後すぐからさまざまな身体のトラブルが現れる場合があります。
今回は出産後に起こる様々な症状のうち、いくつかの症状をピックアップして、その原因や対処法を医師に解説していただきました。
1. 出産したのにお腹が痛む!後陣痛出産時のお腹の痛みを陣痛というのは皆さんご存じだと思います。
しかし、出産の痛みはこれだけでは終わらないのです。実は、後陣痛(こうじんつう)というのが、出産の後に残っています。

陣痛は出産のために子宮が収縮し、胎児が産道を通過する時の痛みです。 しかし、出産後も子宮はしばらくの間収縮した状態にあります。
これは、
・産後に残った胎盤を排出するため
・剥がれた胎盤からの出血を抑えるため
の反応です。
これも、陣痛同様に痛みを伴うため、後陣痛と呼ばれます。これを防ぐことは出来ません。

ただし、痛みは数時間~数日のうちに収まることが多く、陣痛に比べて痛みはマイルドですので、それほど苦しむことなく終わる人がほとんどではあります。特に対処は必要ない症状です。
2. おっぱいが張って痛い !出産直前から、乳汁の分泌が始まります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.