くらし情報『なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<前編>』

2015年12月5日 19:00

なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<前編>

2人に1人は生涯でがんを経験すると言われる現代、がんを克服した人、治療中の人、告知を受けたばかりの人、さらには患者の家族や友人、医療従事者を含め、本当にたくさんのがんに携わる人たちがいます。

そして、抗がん剤や新しい手術法、がんを早期に発見する技術など、数十年前には考えることすらできなかったような優れた治療が開発され、今やがんは「不治の病」ではなく、多くは治すことのできる病気、あるいは共に生きていく病気となりました。

がんが治ったり、がんを抱えながらも長い間元気に過ごしているケースは多く、このことはとても喜ばしいことです。ただ一方で、がんを予防する、治すという意識はあっても、がんにかかったときどう向き合えばいいのか、次々に生じる問題をどのように解決していくのかということに関しては、あまり目を向けていないように思えます。

ある日突然、がんだと宣告されることをイメージしてください。大きなショックを受けるでしょうし、何かの間違いだ、信じたくない、といった心境になるかもしれません。そして、家族のこと、仕事のこと、治療費のこと、いろいろと不安になるでしょう。

なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<前編>


そのとき、あなたはどうするでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.