くらし情報『【藤森香衣のがんコラム】Vol.7: 病気を乗り越えた人たち』

2016年2月17日 09:00

【藤森香衣のがんコラム】Vol.7: 病気を乗り越えた人たち

サバイバーとしての活動先日、初めてお会いした女性と、何気なく乳がん検診の話になりました。初対面なので、もちろん私がサバイバーだということは知らず、「健康診断で、乳がんの項目だけ『経過観察』と言われたんだけど…」という、同世代によくある会話をしていました。

その女性は、お母様が乳がんサバイバーということもあり、不安で気になるけれど、どうしたらいいのかわからず悩んでいるとのことでした。私は自分の経験を伝え、「少しでも不安ならば、きちんとした病院で検診を受けて」という話をしました。すると、その人は、はっとした表情になり、

「どこかで聞いた話だなと思って、いま、話を聞いていたんだけれど…この前、テレビに出ていなかった?」と聞いてきたのです。

まさか偶然、私が出演したテレビを観ていた人に出会い、直接、検診についてお話ができるなんて!メディアの力の大きさを改めて実感しました。そのテレビ番組では、私が乳がんと向き合うことになった「きっかけ」と「これから」について、取材をして頂きました。5分間の番組でしたが、放送後すぐに、「たまたま観ました」という方々からメッセージを頂き、とても嬉しかったです。
終わりを意識することで、生きていることを学ぶ病気を公表してから、「実は私も…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.